にきび豆知識

にきび跡を残さないための豆知識は「触らないこと」

新陳代謝の活発な思春期だけでなく、大人になっても悩まされることの多い、顔にできるにきび。赤っぽく腫れているときにはまだ良いのですが、白っぽく、中の膿が外から見えてしまうと、会って話している人だけではなく、電車の中や、すれ違う人までがこちらを見ている気がするというのは、誰にでもある経験です。そして、多くの人が早くこの苦しみから解放されたい、とばかりに、にきびを潰してしまうのです。

 

確かに、膿を強制的に絞り出してしまえば、一応は、そのにきびが目立たなくなるまでの時間は短くなります。しかし、多くの場合、潰すときに使うのは、清潔に消毒した道具であるはずもなく、手の指や爪です。当然のことですが、手は、決して清潔ではないさまざまな物を触るので、人間の体の中で最もバイ菌が多い場所の一つです。

 

このバイ菌が皮膚につけられた傷に入り込めば、当然、炎症を起こしたり、元の肌の色や形に組成できない原因になります。にきび跡には大きく2種類あり、潰した部分が陥没してしまう、いわゆるクレーター肌といわれる凹凸肌のにきび跡です。

 

こういった跡を消すには、ケミカルピーリング(肌を一枚剥いて新しい皮膚を出現させる)、FGF治療(線維芽細胞増殖因子を注射して細胞を増殖させる)、培養表皮委嘱(皮膚移植の一種)など、さまざまな皮膚科的な治療や整形外科的治療を受けることになりますが、いずれにしてもかなり大掛かりな治療で、体への負担も無視できません。

 

もう1種類は、にきび跡が色素沈着を起こしてシミのようになってしまう種類です。クレーター肌よりは症状が軽いとは言えますが、この場合にもシミ治療と同様にスキンケアや、酷い場合には美容外科での施術なども検討しなければならないでしょう。いずれにしても、にきびができた数日間を我慢できなかったために支払う代償としては、あまりに大きすぎるでしょう。「触らないことが最高の治療」ということを、豆知識として理解しておきましょう。